読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

その反応はマジなやつだ。

スポンサーリンク

めざまし笑顔体操

めざまし笑顔体操

  • Takumi Saitoh
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

育休を取っている女性が、事務手続きのため久々に会社にやってきました。
生まれてばかりの女の赤ちゃんと4歳の男の子を連れて。

みんな2人の子供に夢中!赤ちゃんを抱いたり、あやしたり。
男の子と鬼ごっこしたり、お菓子食べたり。

緊張感溢れる月曜日の職場が、幸せで緩んだ感じです。

まあ、ぼくはいつも通り仕事していましたがね。

子供が嫌いな訳ではありません。ただ、みんなの輪に入れないだけです。

4歳の男の子はとても活発で、部屋中を駆け回っていました。
そんな男の子の口癖は「キモッ!」でした。

同僚に抱っこされれば「キモッ!」
上司を見れば「キモッ!」
書類の束を見れば「キモッ!」
何に対しても「キモッ!」

「キモッ!」というたびに母親に怒られていましたが、懲りずに「キモッ!」
でも、みんなそれを楽しんでいました。

和気あいあいです。
ぼくは黙々と仕事。

すると、後ろから子供の駆け足が近づいてきました。

(やだなー。絡んでこないでほしいなー。)

子供に対してもコミュ障です。

そして、男の子がぼくの後ろでピタリ。嫌な予感しかしませんでしたが、離れる様子も無いので振り返るしかありませんでした。

イスをくるり

ぼくと男の子は、目が合いました。どのくらいの時間かは分かりません。短いようで長い。

頭の毛穴が開き、耳が赤くなるのが自分でも分かりました。ワキ汗もバシャリです。

「..........。」
「..........。」
沈黙。男の子真顔。
「.........。」
ぼくは決死の覚悟で子供とコミュニケーションを取るため、大人の余裕を見せるため、

ニコリ顔!

しかし、引きつる!
(完全に、ぼくきもい!)

男の子は反転!お化けを見たかのように猛ダッシュ!母親の足にしがみつく男の子!

ぼく、引きつりニコリ顔で、ワキ汗バシャバシャ!

(「キモッ!」って言わないのかよ!)

きっと男の子は本当に怖いものを見たのでしょう。

子供を怖がらせたとして噂されるんだろな。





スポンサーリンク