精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

だって、吊ってある広告だし

スポンサーリンク

箱庭シティ鉄道

箱庭シティ鉄道

  • Kairosoft Co.,Ltd
  • ゲーム
  • ¥840

もうね。こういう目に会うの最近多い...。

出勤時、電車の吊り広告を見てたのですよ。

大きいサイズのスーツのお店の広告ですよ。

ぼくサイズ大きいんで。

(ほー。ここいいなぁ。値段も安いしなー。今度行こうかなー。)

程度のことを思っていたわけですよ。だいぶヨレヨレになってきてしまっているし、先日、スーツ汚されちゃったしね。
✳︎以前のブログに書いた事件で詳細書いてあり
ます。

結構な時間、広告を見ていました。
営業時間とか、場所とか確認したりね。

そしたらね、なんだか視線を感じるわけですよ。熱い視線を。

ぼくの見ている吊り広告の下辺りから。
明らかにぼくを見ています。

ぼくもね、広告見るのやめて、視線を違う所へ向ければよかったのですが、ついその熱視線の方向へ向けてしまったわけです。

女性でした。中年のふっくらした。

目が合いました。知り合いかな?いや、知らないな。

まさか....自分が見られていると思われたか?

女性はそっぽ向いてしまいました。明らかに不機嫌な様子で。

ぼくは、視線を完全に吊り広告へ向けているつもりでしたが、多分ふっくらおばさまは、自分が見られていると感じていたと思われます。

(あいつ、私のこといやらしい目で見ている!)

そんなこと思ってたのではないでしょうか。
ぼくの思い込みかもしれませんが....。

ぼくは、痴漢や盗撮犯に間違えられないよう、吊り皮を両手で持ったり、カメラが起動しないよう注意したり、細心の心構えで電車に乗車します。

今後は、吊り広告の下に女性がいたら、広告見ませんよ。




スポンサーリンク