読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

方向性の違いにより

スポンサーリンク

今日は遅めのお昼。

そんな中、突然スマホに通知が。
こんなぼくでも、LINEやってます。

いつぶりの通知だろう。

グループトークの通知でした。
同期のグループです。
かつて、ぼくたち同期の入社研修が終わった後、みんなで打ち上げと称して飲み会をしました。同期6人で。
その時にみんなで作ったグループです。
ぼくは、当時LINEにをやっていなかったので、その飲み会でアプリをダウンロードし、グループに入れてもらいました。

ぼくは、就職が遅くてみんなより年上でしたが、快くグループに入れてくれました。
嬉しかったなー。

でも、そのグループで話すことは数回。今では使われなくなりました。

しかし、今日突然の通知!
内容は、中々のものでした。

「みなさん、昨日の同期会お疲れ様でした!」
「次幹事誰?」

懐かしい同期2人の会話でした。そして、トークはそれで終わったみたいです。

同期会やったのね...。それも、頻繁にやってるのね...。

まあ、知らない間に飲み会があることなんてしょっちゅうなんで、ちょっとのショックで収まりますけど。

ただ、一つぼくの頭に浮かんだこと。勝手な想像ですが。

以前、朝のニュースで見たことなのですが、仲の良者同士でLINEグループを作っても、その中で嫌な人がいたら、その人抜きのグループを作るそうな。裏グループ的な。
その裏グループで、嫌な人の悪口を言い合うんだそうです。
普段は仲良いフリしながら。
最近の若者の間で起きてる、社会現象を話題にしていたのですが、ぼくもそれをやられてるのかなーって、想像してしまいました。

"頻繁に行われているであろう、同期会の連絡手段"

"突然、2人だけで終わったグループトーク"

点と点が線で繋がる!ぼくのいないグループがある!

きっと2人は間違えて、ぼくのいるグループにLINEしてしまったのではないかな。

今ではバラバラの配属先に散ってしまったぼくたち同期ですが、たまに社内ですれ違います。
軽く話をしたりします。
その時のことを考えると、グループを退会することもできません...。ヘタレですね。

ホント、窮屈な世の中です。

方向性の違いにより、グループは解散してたようです。いつの間にか。

なんだか、心がザワついたお昼でした。










スポンサーリンク