精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

天然って純粋な悪じゃないかな

スポンサーリンク

新しい朝

新しい朝

女性の新人さんに話しかけられました。

今までは、仕事の話を聞かれることはありましたが、今日は仕事抜きの話を!!

「ぼくさんって、朝起きるの辛い時とかないですか?」

あまりに唐突!何の前触れもなく、突如ぼくに話しかけてくるではありませんか!
ぼくは必死に緊張と興奮を抑え、返答を頭に巡らせます。

(ここで下手な返答をすれば、もう2度と話しかけてはくれまい!)

ぼくは寝起きはいい方です。起きるのが辛くて、布団から出られないなんてことはまずないです。
仕事が嫌で布団から出たくない時は、多々ありますが。

ここは朝に強い先輩で行くか!それとも、朝辛いのに共感した方が話が膨らむか!
あまり悩んでいても、反応が悪いと思われて、会話の機会が無くなる!

こういう時はレスポンスが大事だ!

「ぼくは朝強い方だよ。」

なめらか!なめらかプリン!ナイスな返答です!
スクラッチする事なく、すんなり言葉が出ました。100回に1回有るか無いかの奇跡ですよ!

会話成立!

「やっぱり!そうだと思ってました!」

彼女はぼくのことを、日々常々考えていたのか!なんてことだ!

「なんで、そう思うの?」

ぼくの声帯にクレ556を吹き付けられたが如く、言葉がなめらか!
もはや、コミュ障を脱したのではないでしょうか。
そして、女子との会話というのは何と楽しいことか!ワクワクが止まらない!

「ぼくさんって、血圧高そうじゃないですか!だから朝強いかなって!」

まるでひまわりのような笑顔。何の悪気のない、屈託のない笑顔で彼女はそう言い放ち、去って行きました。

まあ...低血圧だと朝弱いっていうもんね。ぼく、太ってるから血圧高そうに見えるんだね。実際高いけど。血圧高いと朝強いのかな...。
彼女、そんなこと思って過ごしてるんだ...。
悪意はないんだろうな。きっと。

血圧高いと朝強いんでしょうか?



スポンサーリンク