読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

痒いのって、地獄の苦しみ

スポンサーリンク

【第2類医薬品】タクトホワイトL 32g

【第2類医薬品】タクトホワイトL 32g

闘え!サラリーマン

闘え!サラリーマン

最近どうにも体が痒いんです。特に腕。
ずっとかいてたら、ついにブツブツが...。

蕁麻疹です。

ブツブツはやがて広がり、背中まで。夜中なんて痒くて寝られない日もありました。
そして、今日ついに我慢の限界がきました。

「すみません。蕁麻疹がすごくて、午前中お休みもらって病院行こうと思うんですが。」

朝一で上司に連絡しました。

「おいおい、大丈夫かよ。早く行って来い!」

というわけで、皮膚科へ。平日とはいえ、混んでますよね〜。朝一で行ったのに行列が!
しかも、整理券取ったらかなり後ろの方...。
午前中でおわるのかなぁ。
一抹の不安が...。
しかし、仕事を円滑に進めるためには、この痒みを抑える薬を手に入れなければならない。
ちなみに、市販のものでは一時的に治るだけで、すぐに痒みが復活してしまいました。

なにはともあれ、順番を待ちます。

おじいちゃんおばあちゃんが多かったので、待合室の席には座らず、立って待っていました。
朝早くからみんな元気ですよね。
元気じゃないから病院来てるんだろうけどさ。

1時間かかってようやくお呼びがかかりました。
女性のお医者さんでした。

(女の人かー。患部見せてって言うかなー。腕ならいいけど、お腹とかだったら恥ずかしいなー。)なんて思っていると、

「痒みが出てるのね。じゃあ、痒い所見せてね。上半身見せてくれる?」

悪い予想は当たるものですね。

ぼくが、もじもじしていると、

「早くシャツ上げてねー。」

間髪入れず、上半身を要求してきます。
ぼくは観念して、おずおずとシャツを上げました。

この脱がせ上手!!

「あー、蕁麻疹だね〜。ストレスとか乾燥肌が原因かなー。はい、シャツ下ろしていいよー。」

辱めの時間が終わりました。

「じゃ、塗り薬と飲み薬出しとくね。2週間後また来てね。お大事に。」

ものの5分足らずで診察終了でした。
待ち時間1時間、診察5分。病院あるあるですね。
待合室に上半身裸で待ってるから、お医者さんがチラッと見に来る方法を提案したい。
恥ずかしいけど...。

とりあえず、クスリをゲットしたので早速塗りました!痒み引く引く〜!

会社に電話して、これから出勤する旨を上司に告げます。

「おー。終わったかー。お疲れさーん。お前も乾燥するんだなww」

デーブーだからって、1年中ベトついてませんよ。意外とデリケート肌なんですよ。



スポンサーリンク