読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

ゴミ捨てちゃうおじさん

スポンサーリンク

アスベル 資源ゴミ分別ワゴンワイド3段43L ベージュ

アスベル 資源ゴミ分別ワゴンワイド3段43L ベージュ

溜まりに溜まったゴミをアパートのゴミ集積所に捨てようかなっと。

ゴミ集積所に捨てるおじさん。アパートとは違う家に入る。
(あ、まただ。)
ちょっと前から気になっていたおじさんです。おじさんはいつも周りをキョロキョロと警戒しながらアパートのゴミ集積所にさっと捨てていきます。
おじさんの家はアパートのすぐそばなのですが、ゴミ集積所が坂を登ったところにあるようで、いつも近くのアパートの集積所に捨てていきます。

面倒なんでしょうね。気持ちは分かります。
ぼくも坂登るの大っ嫌いですもん。

おじさんが捨てようとしているところにでくわしたら、ぼくはちょっと身を潜めます。
おじさんも警戒しながら捨ててるんで、ぼくに見つかったら捨てにくいかなって。

でも、この間鉢合わせてしまいました。

この時はぼくが丁度会社から帰宅した時。
ゴミ集積所に人影。
(明日は燃えるゴミの日だから、アパートの住人が夜の内に出してるのかな。)なんて思ってました。前日に出すのは禁止なんですがね。

徐々にアパートに近づくぼく。暗がりの中の人影が鮮明さを増していきます。

ゴミ捨てちゃうおじさんでした。

ぼくは思わず、ドキッとしてしまいます。
まずい!見てしまった!
そのままアパートに入ればよかったにも関わらず、何故か立ち止まってしまいました。

ぼくに気づくおじさん。見つめ合う2人。
おじさんの手には、空になったコンビニ弁当の容器。そこに目線を移してしまうぼく。
それに気づくおじさん。

「なんだよ。明日ゴミの日だからいいだろ!」

おじさん、弁当の容器を集積所にドーン!
ついでに、たん唾ピシャー!

おじさんは颯爽と帰って行きました。

おじさん、弁当の容器はプラゴミですよ。




スポンサーリンク