読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

ありがとうと言うこと。

スポンサーリンク
ありがとうって言うことはとても大事なことだなと、今更ながら感じております。

先日、新人くんが上司に間違いを指摘されて、ぼくが間違いの正解を教えた、半角ズレ事件。
↑↑を参照していただけると幸いです。

この件で、新人くんから改めてお礼を言われました。

「この間は、教えていただきありがとうございました!」

ハツラツとした大きな声で言われたので、ちょっと恥ずかしかったですが、なんだかとても嬉しくて、テンション上がりました!

大したこと教えてわけでもないし、すでに教えた時点でお礼は言われていたので、気にすることはないのに。

でも、考えさせられました。

ぼくは、何かを貰った時や助けてもらった時にちゃんとお礼を言っていたかなって。

ちゃんとね!

ぼくはしゃべるのが苦手だから今まで、
「ありがとう...。」
なんて、消え入りそうな声で言っていたに違いない。

それじゃあ、相手にちゃんと感謝の気持ちは伝わらないことに気づかされました。

をきちんと発音しないと、気持ちは伝わらないのです。

大きな声で、きちんと言われると気持ち良いですよね〜!やる気が出ます!

上司からお礼言われるのも嬉しいですよね。
「ありがとな!」とか「サンキュー!」とか言われると、仕事のモチベーション上がりますよね!
嘘でもいいから、部下を発奮させるために言って欲しいです。

後輩くんは、
「ウッス...。」
なにしてあげても、
「ウッス...。」
ひどい時は、
「....ッスー...。」
ぼくに対しては、
「.........。」

恥ずかしがり屋さんなんだねー!

これから、きちんとありがとうを言おうと誓った午後です。
スポンサーリンク