精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

改めて痛感する自分の置かれている状況。

スポンサーリンク
立ち飲み屋さんで呑んでると、たまに話しかけられることもあります。
知らないおばちゃんが話かけてきます。
おばちゃんは日本酒を呑んで上機嫌。

「あんたよくここきてるねー。」

立ち飲み屋なんで、おばちゃんの足元は危ういです。ぼくは、立ち飲みしながらゲームしたいので、正直話しかけられるのがあまり好きじゃないです。

「就職出来たの?あんたじゃ難しいだろうねぇ〜。」

あら?もしかして、就職活動している人と思われてる?スーツ着てるよ?
就活スーツじゃないですよ?

酔っ払いに絡まれて、ぼくがあたふたしていると、店員さんが、

「ほら、おばちゃん大人しく飲んでよ。人には聞かれたくないことだってあるんだよ。」

だ・か・ら、働いてますよ!

なんて言えず、事が収まるのを待っていました。

なぜ、反論出来ないのだろう...。

きっと、心の底で分かっているから。

自分の立ち位置。

職場でミソッカスだってことを。

残ったお酒をグィっと飲んで、立ち飲み屋さんを出ました。

まだ、夜は冷えますね。心底冷えます。
スポンサーリンク