精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

謎の訪問者

スポンサーリンク
インターホンで目覚めました。

(なんだろ?ポチって買ったものが届いたのかな?でも、宅急便が届く時間じゃないような...。)

7:20

こんな時間に宅急便は来たことがないと思います。

なんだか、怖いですね。

居留守作戦を実行するかもしれないので、物音を立てないように、ゆっくりとドアの覗き穴へ。

見たこともないおばちゃん。

ごくごく普通のおばちゃんが、ぼくの家のインターホンを鳴らしていました。

かれこれ3回。

いったい何の用なのか。なにか、緊急事態があって訪ねてきた隣人なのだろうか。それとも、大家さん?

様々な予想が、頭の中でグルグルと回る。

おばちゃんは、何も反応がないぼくの家を離れました。居留守作戦を実行しました。
そして、隣の家を

ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン

何度も鳴らして留守と判断すると、さらに隣の家のインターホンを鳴らしていました。

何かの勧誘でしょうか。

ずっと、耳を澄ましていましたが、おばちゃんの訪問に、誰一人応じなかったみたいでした。

結局、おばちゃんの正体は謎です。

1人暮らししていると、インターホン音でびっくりするのは、ぼくだけでしょうか。


スポンサーリンク