読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

トラウマは突然に

スポンサーリンク
普段のふとした出来事で、過去の嫌な記憶が蘇ることってありませんか?

ぼくは先日ありました。

会社の廊下。ぼくの前に歩く女性社員。持っている書類がひらり。ぼくの目の前に落ちました。

落し物です。

ぼくは、すぐにその書類を拾ってあげようと思ったその時!!

蘇った記憶!高校生の記憶!あーーー!

ぼくの目の前に歩く同級生。女子でした。落としたタオル。ハンドタオル。ミッフィーのタオル。拾うぼく。拾ったタオルを渡すぼく....。
受け取る女子....。受け取った女子、一緒に歩いていた友人達と顔を合わせる。

受け取った女子は、軽く会釈をしてさっさと歩いて行ってしまいました。
足早にその場を離れたかと思うと、

「キモいキモいキモい!」

と言いながら、廊下のゴミ箱にタオルをブチ込みました。

ぼくはその光景を見ましたが、見ていないフリをして、その場を後にしました。

凹みましたね〜。ぼくが触ったものが「キモい」と罵られた挙句、ゴミ箱に捨てられするんですから。思春期崩壊ですよ。

まあ、高校生の時からぼくは嫌われていましたからねw。

この女子高校生とは同級生ですが、クラスも違うし、ほとんど初対面に近い関係ですよ。
にもかかわらず、この嫌われよう。

ぼくの嫌われ加減は、学年に轟くで!

こうして、一つトラウマ出来たわけです。

そして、現在。あーーー!-

目の前に歩く女性社員が落した書類。高校生の時のトラウマで、落し物に触ったら気持ち悪がられると思い、拾うことができず、

「あ、あ、あのこれ!」

床に落ちた書類を指指し、知らせるという軟弱ぶりww

女性は不審がった顔をしていましたが、落とした書類を拾うと、お礼を言って歩いて行きました。

普通に拾って渡してあげれば良かったのに、高校生の時のトラウマが頭をよぎってしまいました....。後悔です。

ぼくにはこうしたトラウマがいっぱいあります。今後、ブログに載せていこうと思いますが、みなさんこうしたトラウマあります?
克服方法教えて下さ〜い。-
スポンサーリンク