読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

人の懐に入るのが上手いね〜。

スポンサーリンク
世間は盛り上がっていますね。

トライダーG7サミット。

街は賑わっていますね。

ポリスメンで。

なんか、すごい人数のポリスメンが街を歩いていますね。
みなさん休み返上でパトロールしていらっしゃるんでしょうね。本当にご苦労様です。

でも、こんなにいっぱいポリスメンがいたら、ぼくはとても緊張してしまいます。

別にやましいことはないですよw

ポリスメンが歩いていると、ついつい見てしまうのです。そうすると、必ずっていうほど目が合ってしまいます。

見つめ合うぼくとポリスメン。

緊張のあまり、目をそらせてしまうぼく。

挙動不審になるぼく。

最高レベルの警戒を行っているポリスメン。

ぼくに近づくポリスメン。

「すみません。ちょっとよろしいですか〜?」

ぼくはね、当然予想しておりましたよ。


やっぱり声をかけられましたねw

まあ、目をそらす挙動不審な男が、このサミットの時期に街を歩いていたら、職務質問するのがポリスメンの役目ですからね〜。
しょうがないです。

でも、今回の職質の入り方はとてもスムーズでした。

「どうされました?どこか具合いでも悪くしましたか?」

まさか!健康状態を気遣う作戦とは!

「いえ、だだだ大丈夫です。」

思わず、DJのようになってしまいます。
クラッチメンです。

「最近暑くなったんで、無理なさらずに。熱中症には気をつけてくださいね。」

ぼくは、汗だくだくでしたからねw

暑さと緊張でね!!

相手に警戒心を持たせないよう、言葉を巧みに操っているんでしょうね。

気遣いの出来る方なのだなぁって思いましたよ。

ベテラン職質おじさん(職質される側)のぼくとしては、A5ランクの職質でした。

まあ、しっかり持ち物検査もされましたがねw
スムーズにカバンを開けることが出来ましたw

もうなすがままでしたね〜。

売れっ子カメラマンみたいな人でした。
いつの間にか脱がされてるみたいなねw

ぼくのATフィールドはすぐに突破されてしまいました。

ポリスメンのこうした地道な活動により、トライダーG7サミットを行うことが出来ているんですね!

本当に頭が下がる思いです。
スポンサーリンク