読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

スロージョガー、究極進化!

スポンサーリンク

夜のスロージョガー活動。

会社から帰宅してから、スロジョクってみました。

少しの時間でも、毎日続けることが大事だと思って始めました。ぼくの場合、日が空いてしまうと、サボってしまうので、極力毎日スロジョクろうと思います。

昨日は21:00過ぎから。大通りを走ります。

大通りを走っていると、誘惑が多いですね。

ラーメン、カレー、焼肉、etc

会社から帰ってきて、すぐにスロジョク開始したので、何もお腹に入っていません。ちょっとした物でも、お腹に入れてくればよかった...。

お腹をぐーぐー鳴らしながら、走ります。もはや、拷問ですね。

じゃあ、お店の少ない道を走ればいいとも思うのですが、小さい道は危ないですからね〜。

いざ、何かに襲われたら、スロージョギングで逃げ切れる自信がありません。

なんせ、話しかけられやすい性分なもんで。

怖い人に。

不良少年、強面おじさん、警察官 etc

どんだけ人気あるんだよってくらい、話しかけられます。

ちなみに、女子は逃げます。

さて、ここは大通り。怖い人に遭遇することなく、順調にジョクっていると、コンビニの前に若者集団。

あいたたたたたー!コンビニといえば、溜まり場。溜まり場といえば若者。

嫌な予感をしながら、コンビニの前にさしかかると、若者の集団から一声が。

「おい!」

ん?ぼくに言ったのか?ぼくじゃないよな。知り合いじゃなさそうだし、初対面の人にいきなり「おい!」なんて言うわけないよな。うんうん。

ダッシュ!!

多分、ぼくに言ったんだよね。こっち向いて言ってたもん。

あぶね〜。

こういう時の、危機回避能力はかなり高いです。ライオンに目をつけられた、ガゼル並みに高いです。

スロージョガーから、一気にスプリンターに究極進化した瞬間でした。

100mほどダッシュして、身を潜めました。どうやら、追手はないようです。

一体ぼくが何をしたっていうのか...。まさか、応援してくれたのかなぁ。

んなわけないな。「おい!」っていう応援なんて、聞いたことないし。

とりあえず、明日からあのコンビニの前を通るのはやめます。安全な道を探さなければなりませんね〜。

あと、食べ物屋さんが少ない道。

食べ物の誘惑に負けて、スロジョク中に食べたら、意味ないですからね。プラマイプラスですよ。

スロジョクのコース取りから考えないといけません。

スポンサーリンク