精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

エレベーターの警報音の原因は...

スポンサーリンク

エレベーターに乗る時、こんな勘違い被害にあうことがあります。

 

まもなく出発するであろう、エレベーターに駆け込むぼく。すると、

 

ビーッ!!

 

けたたましい警報音。みんな一斉にぼくの方を見ます。

いやいやいや、違いますよ。そんなわけないじゃないですか。エレベーターに乗っているのは、現時点でぼくを含めて、6人ですよ。

 

重量オーバーなわけないじゃないですか!!

 

どんだけ貧弱なエレベーターなんですか。ここにいる人達みんな150㎏くらいあるの?

 

ぼくはそれに近いかもですがw

 

か細い女性とか、普通のおじさんばかりですよ!ぼくの体重を考慮しても、重量オーバーの警報が鳴るわけないんですよ。

 

原因は、制限時間オーバー!

 

ぼくが駆け込んできて出発が遅くなったから、エレベーターに設定されている制限時間をオーバーして、警報が鳴っているんですよ!

 

警報音を止めるには、ドアを閉めて出発すればいいです。

 

しかし!エレベーターのボタンを操作してくれている女性は、一向に閉めるボタンを押してくれません。ぼくをじっと見ながら、開くボタンを長押ししています。

他の乗客さんたちも、ぼくを睨みつけるように見ています。

 

(警報が鳴っているだろ!早くおりろ!)

みんなの視線がそう言っています。

 

違うんだ!重いから警報が鳴っているんじゃないんだ!

 

多分、制限時間オーバーによる警報だということに、気付いている人もいたでしょうね。ただ、他の人につられて、体重オーバー説に流れた人もいたと思います。集団心理って怖いですね。

 

ぼくは、みんなの視線に負けて、エレベーターを降りました。

降りた瞬間、ドアが閉まりました。速攻で閉めるボタン押したんでしょうね〜。

 

「この警報は、時間で鳴るんですよ。」

 

たった一言この言葉を言えば、みんなと一緒に行けたのに...。

 

なんだかみんなの視線を感じると、本当に重量オーバーで鳴っているんじゃないかと思い始めてしまいますね。

 

もし、ぼくが痩せていれば、みんな制限時間による警報音だと理解したと思うんですよね。

 

太った人が乗る→警報音→重量オーバー説!

 

まあ、あの警報音が鳴れば、誰でも重量オーバーを疑うかもしれませんが。

 

制限時間を過ぎたら、警報音じゃなくてアナウンスにしてもらいたいですね。

 

あ!でもいずれにしても、ぼくが駆け込んで来たせいで、出発が遅れて警報が鳴ったんだから、原因はぼくですね!

スポンサーリンク