読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精一杯の底辺サラリーマンの戯言

底辺生活を送るサラリーマンが精一杯頑張る日々

スポンサーリンク

東京の電車での洗礼

スポンサーリンク

今日は仕事の研修ということで、電車を久々に利用。

東京の通勤ラッシュに挑みました!

やはりすごいですね!電車がパンパンですよ。

身動きとれません。スマホいじれません。

駅員さんがお客さんを、電車内に押し込んでいます。サラリーマンのバッグが挟まっています。ドア付近の人は、ドアに押し付けられています。

そんな中、ぼくはじっと耐えます。辛いですね。東京の人は毎日こんな拷問にあいながら通勤しているのですね。

ご苦労様でございます。

 

さて、ぼくの目の前のつり革がフリーになっているのを発見。掴まるところがなかったので、電車が揺れるたびに、隣の人にもたれかかってしまっていたからチャンスです!

いざ、つり革ゲット!

しかし!

つり革を握った瞬間、どこからか女性の手が!

ガリッ!

ぼくの手を、長く伸びた紅いマニキュア爪で引っ掻いてきました!

驚きと痛みで思わずつり革を離すと、フリーになったつり革を女性がバシッと掴みました。

うそ〜ん。

女性の顔を見ると、平然としています。まるで何もなかったかのように、つり革を操り外を眺めています。

その姿はもはや颯爽としていて、優雅にさえ感じました。

きっと、数ヶ月東京に住んでいる程度では、つり革を握る資格がないという洗礼だったのですね。

 

引っ掻かれた箇所は、薄皮が削られているようでした。

もしかしたら、女性の爪にぼくの怨念薄皮が残っているかもしれませんねww

スポンサーリンク